首の切断に至る程の重大な交通事故の特徴と予防の心得

交通事故1

車社会である日本では毎日のように交通事故が発生していますが、中には被害者の首が切断されるほどの重大な事故に至るケースもあります。交通事故の多くは信号や標識の指示を守って運転することで防ぐことが出来ますが、それでも悲惨な事故は後を絶ちません。

事故の被害者にも加害者にもならないために、道路上の危険や運転時の注意点を学びましょう。

年代や地域ごとに起きやすい交通事故の特徴

交通事故は場所を問わず頻繁に発生するイメージがありますが、実際にはドライバーの年代や事故現場の立地条件など様々な要因で特徴的な事故に至るのが普通です。交通事故を引き起こすドライバーは年代別の隔ては殆どありませんが、事故の内容は大きく変わってきます。

同じ違反行為でも若い年代では違反と知りながら無視するケースが多く、その一方で高齢に至る年代では事故現場での法定速度や道路上の規制を理解出来ていない割合が多数を占めます。また、信号機や標識の見落としが多いのも高齢ドライバーに多く見られる原因の一つです。

事故現場における要因では建物や樹木などの遮蔽物によって見通しが悪い状態になっているケースが一般的です。その他に変形交差点など、進入経路がわかりにくい構造になっている道路も交通事故の発生率増大に繋がっています。

複雑な構造の道路には信号機や標識などで正しい経路が示されていますが、道に不慣れな人や高齢者には分かりにくいのが問題です。自分が安全運転を遵守していても他の車両が追突する貰い事故に見舞われるケースが多いのも複雑な構造の道路で起きる事故の特徴になっています。

事故の規模と被害者の死傷する割合の関係

交通事故は多くの被害をもたらしますが、その中でも人身へのダメージが著しく大きいのが特徴になっています。高速で走行する車両の衝突は人体に大きな衝撃をもたらし、重大な損傷を引き起こします。特に歩行者が乗用車などの車両に追突される事故は全身に大きな衝撃を受ける形になるので死亡する割合が高く、体の損傷も激しくなるのが普通です。

また、バイクを運転して事故に遭った場合、追突した車両の下部に体が入り込んでしまい、タイヤの駆動に巻き込まれるケースもあります。バイクのスピードと同じ速度で人体が車両に衝突するのでダメージも大きく、首をはじめとする人体の部位の切断に至ってしまうのがバイク事故に多く見られる傾向です。

交通事故では歩行者だけではなく車両の乗員も死亡や重大な怪我を負う可能性があります。法定速度を超えるスピードで走行したり、シートベルトを装着していないと事故に遭った際の衝撃が非常に大きくなります。特にシートベルトを着けていない状態で衝突事故に遭うと衝撃をまともに受け、体が車外へ放り出されてしまうので注意が必要です。

車両の速度に近い速さで体に衝撃を受けることから、バイク事故と同様に首の切断を含む重大な身体の損傷に見舞われ、死亡率が著しく増大してしまいます。

歩行者が交通事故に巻き込まれないための工夫

交通事故は自分がいくら周囲の安全に気を配っても相手側が猛スピードで衝突するケースもあるので完全に事故を防ぐことは出来ません。しかし、自分の存在をわかりやすくアピールすることでドライバーの見落としを大幅に軽減させることは出来ます。

歩行者が巻き込まれる事故の多くはドライバーの不注意で起こることから、存在を認識しやすくする工夫を施すのが悲惨な事故に遭わないためのポイントになります。走行する車両の内部からは歩行者の姿は意外と見落としやすいため、歩行者の側はひと目で存在を認識出来るように工夫する必要があります。

特に小さい子供や高齢者は周囲の状況を確認せずに車道を渡ることがあるので、衣類や持ち物に反射鏡を取り付けるなどの対処策が必須です。反射鏡は車両のライトを反射する効果があるので遠くからでも目立ちやすいのが大きな利点です。

日が落ちて暗くなる時間帯は特に見通しが悪くなり、歩行者が周囲の風景に紛れて見えにくくなってしまいます。反射鏡を使うことでドライバーが見落とすリスクを大幅に減らすことが可能になり、歩行者が巻き込まれる悲惨な事故の発生を防ぐことが可能になります。

ドライバーに求められる安全運転の心得

交通事故で乗員の首が切断されるほどの甚大な被害に見舞われる理由の多くはスピードの出し過ぎです。

一般的に車両の走行速度が大きくなるほど、事故の際の衝撃も増えます。乗員が体に受ける衝撃も車両の速度に比例して大きくなり、場合によっては原型を留めないほどに損壊してしまうケースもあります。体が大きく損壊するほどの事故に遭わないためにはまずは自身の運転が適切であることを確認し、そのうえで法定速度を遵守することが大切です。

交通事故を起こす車両は頻繁な車線変更や無意味な急ブレーキなど、周囲の車両の走行を妨げる行為を繰り返しているのが特徴です。また、高齢者のドライバーは加齢による認識力の低下から運転中でも上の空になってしまうことがあります。

運転中の認識力の低下は死亡を含めた重大事故に繋がる可能性が高いので、親族が日頃から状態を確認するのが安全を確保するための重要な条件です。特に認知症に基づく認識力の欠如は重大事故の発生リスク増大に大きな関係があります。

自分が車両を運転している自覚が無いままスピードを上げてしまう可能性もあるので、場合によっては免許証を返納させるなどの厳しい処断を下すのが親族の責務です。

交通事故の発生率を下げるための環境整備について

交通事故11

交通事故は様々な場所で起きますが、特にスピードが出しやすい直線道路では高速で走行する車両の追突事故の割合が多数を占めます。猛スピードで走る車両が起こす事故は死亡率が高い傾向があるので、悲惨な状況を避けるためには環境整備にも注意を払うことが大切です。

宅地など人の行き来が多い地域では交通事故の原因になるスピードの出し過ぎを避けるため、あえて曲線が多く見晴らしが悪い状態で道路を整備するケースがあります。また、道幅を狭くして車両の走行に必要な余裕を減らすのも加速を防ぐ工夫の一つです。

路面に凹凸をつけることで走行時に車体を揺らし、加速を阻む効果を得る方法もあります。悲惨な交通事故を減らすためにはドライバーや歩行者が注意を払うことが最も大切ですが、それ以外にも道路上に加速を阻害させる工夫を施すなど走行環境の改善を図ることも重要になります。

関連リンク《弁護士法人アディーレ法律事務所 ... 交通事故に強い弁護士